ドライマウスの主な原因とは?

ドライマウスとは、日本語で「口腔乾燥症」といい、
口の中の唾液が減り乾燥してしまう病気です。

口内のネバつきや、口臭などの症状があります。

特にホルモンの不安定な分泌による
唾液の分泌機能低下が起こる更年期の女性に多くみられます。

他にもドライマウスになる原因は様々あります。

まずはストレスによるもの。ストレスがあると自律神経が影響を受け、
唾液の分泌が正常に行われません。

また、糖尿病や腎不全などの病気もドライマウスの原因となる場合があります。

糖尿病の場合、尿がたくさん出て脱水症状となり口内の渇きに繋がってしまいます。
他に薬の副作用によるものがあります。

“口渇”の副作用がある風邪薬や高血圧の薬、
抗うつ剤などを多く服用すると、ドライマウスになりやすくなります。

ドライマウスになってしまうと・・・

唾液の分泌が減りドライマウスになってしまうと、
様々な口内トラブルが引き起こされます。

実は唾液には様々な機能があることをご存知でしたか?

例えば、食後に食べ物のカスなどを洗い流す洗浄作用、口内の細菌と戦う抗菌作用、虫歯を防ぐ作用など、
他にもいくつか口内の状態を良好に保つための機能があります。

ドライマウスになるとこれらの機能を持つ唾液が正常に分泌されなくなりますので、
口のネバつきやパサつき、口臭、歯垢の増加で虫歯や歯周病に
なりやすくなる
などの症状があらわれてしまいます。

ドライマウスにならないよう、きちんとした食生活や生活習慣を心がけ
ストレスのない健康的な生活を送りましょう。